2014年04月19日

【楽曲解説】プロデューサーによる「ハイブリッドガール」楽曲解説その3

――続いて3曲目の『明日晴れる』については清水プロデューサーにお聞きします。
 デビューCDからお願いしている、松中啓憲さん菊池卓也さんコンビは、前回4thで1回お休みいただいたので、ここで集大成的に“いい曲”をお願いしたいと。みんなで歌える、人生の応援歌的な歌をとお願いしました。で、あがってきたら、やっぱりいい曲だったですね〜。アレンジも好きですね、ジャジーでアコースティックで。生のギターを入れてもらったりと結構労力をかけて作ってもらったと思います。
 今風なアイドル曲からディスコ、そしてアコースティックという流れは、Star☆Tならではのバラエティ感だなと思います。『明日晴れる』も、Star☆Tのスタンダード曲にしていきたいですね。

――そして最後は『Start&Smile』。
 この曲は、1年の歴史がありまして、まずは昨年の春に、ライブの登場用・エンディング用にサビというかFとFM7の繰り返しにホーンを乗せた部分だけを作ったのが最初で、ずうーっとステージでは使ってきまして、その集大成として今年の1月に開催したデビュー2周年記念のワンマンライブのラスト曲としてフルサイズを作ったもんですから、ここで公式にCDに収録しとこうかと。このCDの流れとしてはアンコール曲的というかボーナストラック的な位置づけですね。なので、歓声を入れたり、ライブ録音っぽい感じにしました。コール&レスポンスの声は、レコーディング現場にいた男連中で入れてます(笑)。
 そもそもが気軽に作っているので、私が好きなR&Bの最たるもので、ベースリフとホーン、白玉アナログシンセにクラビにワウギター・・・というストレートな曲です。正木さんに「これ、元ネタはブルースブラザーズだよね?」と言われて「バレてましたか」と(笑)。
 詞も、2周年ライブの準備で忙しい時に、とりあえずライブ用だから後で直してもいいしと、10分くらいで書いちゃったんですが、なんかその勢いが気に入っちゃったというか、そのまま直してません。個人的には好きな詞ですね。

――それでは、最後にCDをお聞きのみなさんにメッセージを。
 基本的には、これまでどおりのコンセプトで作りましたので、全国流通だからと言って特別なことを何かしたわけではありませんが、バラエティに富みつつもバランスの取れたいい4曲が集まったな、と思います。
 4曲とも作詞作曲が違う楽曲をStar☆Tで繋げるというのがなんというか理想なんですよね。捨て曲がないというか、どの曲がリード曲になってもいい全国流通にふさわしいCDになったかなと。奇をてらわず、王道ポップスで勝負したというか。演歌や音頭を入れるみたいな照れというか遊びは今回はなしにして、まっとうにアイドルポップスCDになったかなと。
 Star☆Tはカップリング曲もいいという評価もいただいているので、ぜひCDを買ってもらって、4曲を通して聞いてもらえればと思います。
posted by Star☆T at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395016597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック